株式会社中外陶園 お問い合わせ

沿革

1952年 8月 合資会社中外陶園設立
1976年 2月 日の出商品センター竣工
1989年 10月 新本社屋竣工・薬師窯ギャラリーオープン
1990年 2月 薬師窯干支塚にて干支供養はじめる
1994年 7月 須原陶磁工房改築
1995年 8月 株式会社中外陶園に組織変更
1997年 9月 おもだか屋オープン
1998年 10月 本社 南棟竣工
2001年 7月 小淵沢「おもだか屋アートステージ」オープン
2001年 9月 (一財)日本記念日協会より2月11日を「干支供養」の日として登録・認定
2004年 7月 ISO 14001認証取得(登録期間2004年7月7日~2009年6月13日)
2005年 3月 招き猫ミュージアムオープン
2009年 10月 Mパーク駐車場オープン
2010年 9月 環土干支エコマーク商品認定
  10月 穴田倉庫 運用開始
2011年 9月 おもだか屋アートハウス庫離オープン
2014年 2月 愛知ブランド企業 認定
  10月

招き猫ミュージアム

せとAEDステーション 認定

2015年 12月 愛知県ファミリー・フレンドリー企業 認定
2016年 1月 林幹雄経済産業大臣のご光臨を賜る
2018年 12月 経済産業省「地域未来牽引企業」選定
2018年 12月 愛知県「あいち女性輝きカンパニー」認証
2019年 1月 愛知県「ファミリー・フレンドリー企業 奨励賞」受賞

地域未来牽引企業の選定

2018年12月 経済産業大臣より「地域未来牽引企業」として選定されました。

 

※地域未来牽引企業とは

地域の特性を生かして高い付加価値を創出し、地域の事業者等に対する経済的波及効果を及ぼすことにより地域の経済成長を力強く牽引する事業を更に積極的に展開すること、または、今後取り組むことが期待される企業です。

地域資源

愛知ブランド企業の認定

2014年2月愛知県知事より「愛知ブランド企業」として認定を受けました。

 

※愛知ブランドとは

優れた理念とトップのリーダーシップのもと、業務プロセスの革新を進め、独自の強み(コア・コンピタンス)を発揮し、環境に配慮しつつ、顧客起点のブランド価値等の構築による顧客価値を形成している製造企業


愛知県ファミリー・フレンドリー企業の認定

2015年12月愛知県知事より愛知県ファミリー・フレンドリー企業として認定を受けました。

また2019年1月「 ファミリー・フレンドリー企業 奨励賞」を受賞しました。

 

※愛知県ファミリー・フレンドリー企業とは

仕事と育児・介護・地域活動など仕事以外の活動とを両立できる様々な制度と職場環境をもち、ライフステージに応じた多様で柔軟な働き方を従業員が選択できるよう、働く人の自己実現や、豊かで実りある生活の実現を可能にするといった、ワーク・ライフ・バランスがとれた職場環境をもっている企業を愛知県知事が認定する制度です。

愛知県ファミリー・フレンドリー企業

林幹雄経済産業大臣のご光臨を賜りました

2016年1月23日、林幹雄経済産業大臣のご光臨を賜りました。
2015年末のTPP(環太平洋パートナシップ協定)の大筋合意を受け、今後陶磁器においても多くの品目で関税の撤廃が検討されていることから、小社 鈴木政成社長より具体的な関税率などを例にあげながら、TPPによって海外事業拡大のチャンスが期待されていることを説明いたしました。
また最近は、当社が運営をする招き猫ミュージアムにも多くの外国人観光客が訪れており、地域の食文化と連携して、伝統や文化発信にも力を注いでいくことで地域のブランド力を向上することが、商品を輸出する場合においても重要であるという説明にも熱心に耳を傾けていただきました。

視察の最後には、鈴木淳司経済産業副大臣と共に、招き猫の染付体験をしていただき、やきものづくりの一端にも触れていただくことができました。
大臣01

中外陶園の概要説明をする様子

 

大臣01

招き猫の絵付け体験

(左:鈴木副大臣、右:林大臣)