株式会社中外陶園 お問い合わせ

 

 

瀬戸まねき猫

 

愛知県瀬戸市は明治時代後半に、
全国の陶磁器産地に先駆けて招き猫の生産を始めた、
”招き猫の故郷”です。
一般的に招き猫の右手はお金を招き、
左手は多くの人を招くと言われておりますが、
瀬戸では色、形、ご利益も様々な招き猫が作られています。
中外陶園では、
歴史に裏付けされた伝統的なスタイルの瀬戸形招き猫から、
猫好きの方にもお楽しみいただける現代の創作招き猫まで、
自社の須原陶磁工房にて職人たちが一つひとつ
真心を込めて生産しております。
中外陶園の「瀬戸まねき猫」は、
日本最大の招き猫博物館”招き猫ミュージアム”の監修により、
100有余年の招き猫の歴史を持つ瀬戸ならではの技法による
様々な招き猫を皆様にお届けしております。  

瀬戸まねき猫

 

瀬戸まねき猫